YAGIKUMA

トップ製品案内安全保安用品KYライン

文字サイズ標準大特大

KYラインNETIS登録品[登録番号:KK-090022-VE]

KYライン

衝突時の災害を軽減する、樹脂製バリケードパイプ。

KYラインは、鉄パイプに代わる安全安心なパイプとして当社が研究・開発に取り組んできた樹脂製のバリケードパイプ。当社で実験を行い、従来の鋼製単管と比較した場合の安全性の高さも確認済みです。
KYプラガード等と併用することで、現場や車両に優しいバリケードとして設置することができます。

【KYラインの特長】

  • 鉄単管と比べ、衝突時の災害を軽減(当社試験による)。

  • 重量が従来の鉄単管の3分の1以下なので施工が容易。

  • オレンジ色でよく目立ち、現場を美しく見せます。


製品仕様

【規格】

規格

鋼製単管の危険性とKYラインの安全性の実証

KYラインの安全性実験(SWF 7.3MB)

安全性に優れた現場や車両に優しいバリケード。

KYラインは、鉄パイプに代わる安全安心なパイプとして八木熊が研究・開発に取り組んできた製品です。今回、従来の鋼製単管の危険性とKYラインの安全性について実験を行い、その性能を確認をしました。


設置例

取り扱い上の注意

  • バリケード用パイプ以外には使用しないでください。足場などでは絶対に使用しないでください。折れ曲がりによる転落など人命に係わる重大な事故につながります。

  • 本製品は、樹脂製ということで鉄製の単管に比べ衝突時などにおいて安全であり、事故災害の軽減を保証するものではありません。

  • バリケード組立時に上部パイプの上に乗ったり、重量物を載せないでください。

  • 火気の近くや高温になる場所での使用や保管は、変形や引火の恐れがありますので避けてください。

  • 切削等による形状変更や仕様変更をしないでください。強度不足の原因になります。KYラインをカットして短くする場合はご相談ください。

  • 強酸やアルカリや有機溶剤などが付着しないようにしてください。変形や破損の恐れがあります。

  • 特殊樹脂製ですので、クランプを強く締め付けすぎますと破損する恐れがあります。

  • 変形や破損がある状態では使用しないでください。思わぬ事故につながる恐れがあります。

  • 特殊樹脂製(ガラス繊維を含む)ですので、折れるとガラス繊維が露出することがあります。ガラス繊維が手に刺さるなどの恐れがありますので手袋をはめ、取り扱いに十分注意してください。

  • 樹脂製のため、乱暴な取り扱いには注意してください。破損の恐れがあります。放り投げたりしますとエンドキャップが抜け出すことがあります。またエンドキャップに強い衝撃を加えますと破損する場合があります。

  • バリケード組立時は、風で移動しないように、おもしを載せるなど十分な暴風対策をしてください。おもしについては「KYおもし」または「KYおもし2」を推奨します。土嚢や他のおもし等を載せますとKYラインが大きくたわみ、反りが大きく発生する恐れがあります。

  • 設置後の事故及び二次災害に対する責任は負えません。

ページのトップへ