八木TOP MESSAGE

代表取締役社長
八木信二郎からのメッセージ

OVER=乗り超える。
八木熊の歴史を
一言で表すなら、
それはまさに
「OVER」の連続です。

1895年(明治28年)、繊維製造工程の一つ「サイジング(糊付け)」で使用する
「布海苔」の製造販売業として創業した当社は、戦争や震災、天災、大恐慌など幾多の困難を乗り超え、
ひたむきにその歩みを進めてきました。

120年という気の遠くなるような時間を生き抜くことができたのは、
時代に合わせて絶えず事業や会社の仕組みを進化させていったからに他なりません。
現在では「商社×メーカーの融合体企業」として存在を確立し、繊維に関するほぼすべての商材に加え、
合成樹脂の原料や副資材などを国内外で販売するとともに、自社工場や関連工場でプラスチック成形品を製造しています。
またトップインフィールドを目指し、自社ブランドの規制機材(交通規制材や交通事故対策製品)の製造販売、
BtoC市場にも目を向けた草花インテリアパネルの販売や、アメリカでアパレル事業にも参入しています。

「暖簾を守り抜き、
事業を発展させて
次の世代へバトンを渡す」。

これが120年に渡り、数え切れない先輩たちが必死で「OVER」しながら脈々と育んできた
八木熊の精神です。
私たちは今、同じ価値観を共有でき、共にOVERしていける仲間を募っています。
さあ、次はあなたの「OVER」話を聞かせてください。とても楽しみにしています。

代表取締役社長八木信二郎